-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-04-25 22:21 | カテゴリ:愛犬チップ
ジャンル:ペット テーマ:ダックスフント大好き♪
どもっ!


前回の記事にも載せたけど、ウチにはチップさんというミニチュアダックス犬がいます

案外おバカさんな犬で



「おすわり!」

チップ
「ケッ ( ゚д゚) ≡ ペッ!!」


「イラッ  (#`皿´)ノ
おい、おすわり!」

チップ
はぁ?
(゜д゜(:*:)=зブリッ


P1040519.jpg


日常で完全に人をナメきった我が愛しの相棒 愛犬チップさんなんですが
もう11歳にもなりさすがに年を取ってきたのは否めなくなってきた。


2年ほど前に腸捻転ならぬ胃捻転をやらかして手術した訳なんですけど
その後は元気に回復し平穏な日々を過ごしてかたのですがね

今から1~2ヶ月ほど前に長女が抱っこしてお腹を撫でていたところ
「なんかオッパイがおかしいよ…」

などと言い出したので触ってみたら確かに明らかにおかしい
そう、オッパイにシコリがあるんですよ… (´-д-`)

しかもこれがけっこうな大きさで、皆さんもご存知だとは思うんですが
人間と違い犬はオッパイがたくさんありますよね

上の方はお腹を撫でている時にでも分かるんですけど
お股に近い下の方までってそんなに触ることが無いから僕は全然気づかなかったんです。


触った感じですぐにヤベェって直感したんですぐに病院連れていった結果
良性か悪性かは腫瘍を切除して病理検査に出さないと分からないってことらしい

先生曰く、手術で腫瘍の切除は当然なのですが子宮も取らないとホルモンの関係上、年も取ってきてるし再発のリスクがかなり高まると。

まだチップさんが小さい頃に避妊手術も考えたんだけど、病気でもないのにメスを入れるのにどうも抵抗があってやらなかったんですよね。

まあそれだけが原因って訳でもないし今となっては後の祭りなんですけど


そんなこんなで今回腫瘍の切除、そして子宮の摘出
どうせ全身麻酔をやるなら歯石除去もやってもらい、オペのジェットストリームアタックで挑むことにしたのです。

そして手術は無事成功し、病理検査の結果も幸いなことに良性


術後の経過も良好で通院も終わりやっとホッとひと息ついた最近
今度はやたらめったらクシャミを連発するように…

最初は時期的なこともあって花粉症的なアレルギー性のなにかかと思っていたんですけど
いろいろググってみるとどうも違うような気がするんですよねぇ (´・д・`)


もう少し様子を見て治らなければまた病院通いになるのですが
今現在我が家のフローリングはクシャミで飛び散ったチップさんの鼻水だらけ…

これがまた汚ねえんだ
床に鼻水とハナクソが混じり合ったようなのが飛び散って毎日掃除すんのが面倒くさいったらありゃしねえ(^д^;)

術後で抵抗力が低下していたのか加齢によるものなのかは分からないけど
犬も人間も同じ生き物なので当然なんですけど年取るとなにかと大変ですな

とはいえこれだけ生活を共にしていれば立派な家族の一員
訳あって僕はチップさんが最後のペットと決めているので当然の話しなんですけどきっちり最後まで面倒みるつもり

IMG_2030.jpg

だからチップ、長生きしてくれよっ
お前だけが最後の頼みの綱だ (。-`д´-)

今日はちょっとしたひとり言、スルーしてね
では! ( ̄^ ̄)ゞ

↓ランキングに参加しています、応援のクリックをヨロチク!八(^□^*)
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
ありがとう!また遊びにきてね (=´ー`)ノ
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://sokonokedeikou.blog86.fc2.com/tb.php/598-b809279e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。