2012-06-09 20:22 | カテゴリ:日記
ジャンル:車・バイク テーマ:ひとりごと
ども!  ( ´∀` )ノ



どんなセレブでも、どんなバイク乗りでも1日は24時間

地球を飛び出して光速を超えれば、時間の流れさえも凌駕できるのかもしれないけど
宇宙船地球号では24時間で生きていかなければならない…

あっという間なんですよね、本当早い…  (´-д-`)


↓お手数ですがよろしくです 68121828_v1325176878.gif
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村

いつも楽しく読ませてもらってるのりはしさんのブログなんですけれども。 (マネ)

とっても楽しくって文章の作り方も上手でお手本にさせてもらってるブログの1つ

nori84R1.jpg

こんなカッコいい走りするのに



こんなお茶目なところもあったり、でも妙にストイックで実に興味深い人だ(笑)


そんなのりはしさんのブログを読んでいて、「最近少しずつ時間が取れなくなってきている」

それを読んで、「ウンウン、そうだよね」
なんて妙に納得したり…


ある程度の年を重ねてくると、いろいろなところで責任がくっついてきて
その責任という呪縛から どうしても面倒な事が付随してくる

でもそれを果たさなければ単なる無責任になってしまうので
やはり切っても切り離せないんで仕方ないんだけど

で、それにとらわれてしまい時間が削られて、結局時間に追いかけられながら過ごさなければならず
ウオォォーヽ(*`Д´)ノ

な感じに追い込まれていく(笑)


俺の場合は自分で自分の首を締めているようなもんなんだけど、やっぱり時間が無い

特殊な時間帯で生きていて、毎朝3時には起きて、帰ってくるのは暗くなる事も

なので日々時間に追われてるので、やっぱりたまに
ウオォォー! ヽ(*`Д´)ノ

ってなる(笑)


まあ、でも社会的責任っていうのとは縁の無い職種なんで、精神的には楽なんでその点は良いかなと思ったり

あと数年もすれば子供達も大きくなり、さらに手がかからなくなるので時間的余裕もできてくると思うし


若い時って仕事が終わればもう遊ぶ事しか考えてなくって、それはそれで楽しい毎日ったんだけど
さすがに今はそういう訳にもいかずそんな余裕もない

きっと読んでる人達も、「ウン、そりゃそうだ」って思ってるはず


でもその頃の自分は相反して、年相応に結婚してマイホームパピィにならなければならない! 
ってなぜか思ってた

昔ながらの日本的思想と言うべきか、男たるもの結婚して家庭を築き
伝家の宝刀マイホームを印籠に一家の主として君臨すべきであーる!

と、そこまで偏ってはいないが、なんとなくそんな感じだ

今は全くそういう考えは無くって、生き方なんて人それぞれで良いと思う


なんで永久凍土のようにカッチカチだった思考回路が溶けだしたか考えると
きっと結婚前後に猛烈にハマっていたスノーボードのような気がする


当時スノーボードが大好きで冬は休みの度に雪山に行き、たいして上手くはなかったけどアホみたいに滑りまくってたっけ


SNOW、SURF、SKATEと横乗り系の人達は割りとフリーダムな人が多く
今までの概念をいろいろと変えてくれた楽しい時期でもあった


その後パワーリフティングに移行していく訳ですけど
その原点も冬山のオフシーズン的なトレーニングの為に通いだしたってのが理由だったり

自分自信は割りと型にはまった生き方だと思うけど、別に後悔もしてないし
それに幸せすら感じるけども、それが全てでは無いと思わせてくれたのは、今さらながらにこの頃だと思う


結婚してから奥さんの身内の人達に今まで呼ばれなかった名前で呼ばれた「マサ君」

そしてその頃出会ったスノーボードショップの名前が「masa」

そして今のハンドルネームも「masa」

太くてビシッと通った1本筋ではないけども、偶然に偶然が重なりユラユラと揺れながら
いろんなところで繋がってるなぁ


なんて改めて思ってみたり…


たいしたオチも無く、グダグダと書きなぐったところで
今日は終了の流れ…  (^д^;)


↓ランキングに参加しています、応援のポチッをヨロチク!八(^□^*)
にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
にほんブログ村
ありがとう!また遊びにきてね (=´ー`)ノ
スポンサーサイト

秘密

トラックバックURL
→http://sokonokedeikou.blog86.fc2.com/tb.php/485-e41edc15